パソコンの基盤であるマザーボードは、パソコン内部に収納されている部品の中でも大きな部品で、 キーボードやマウスなどの入力装置、モニターやプリンターなどの出力装置、ハードディスクをはじめとする記憶装置すべてに接続されてパソコンとして機能しています。
このため、マザーボードが故障すると、パソコンはすべての機能を失い、まったく動作しない状態に陥ります。パソコンが起動している場合でも、マザーボードに含まれるLAN、USB、サウンド機能、ビデオ機能などが部分的に動作しなくなることがあります。
マザーボードの交換が可能なパソコンは、自作パソコンや、BTOショップブランドまたメーカー製のデスクトップパソコンやノートパソコンの交換修理も対応しております。
マザーボードを交換する際は、各装置の役割を理解していないと最終的に正常に動作しないことがあります。
また、ケーブルの接続を間違えますと、装置の破損にもつながります。マザーボードの交換をお考えのお客様は、弊社にご相談ください。

マザーボードの故障例

  • 電源スイッチを押しても反応が無い。
  • 電源スイッチを押しても、モニターは表示せず、電源ランプは点灯。ファンの音はするが、ハードディスクのアクセスランプは点滅しない。
  • 電源ケーブルを刺し直しても電源が入らない。
  • パソコン背面のスイッチ(無い物もあります)をON/OFFしても電源が入らない。
  • 以前まで点灯していたマザーボード上のランプが点灯しない。
  • ビープ音が繰り返される
  • USBケーブルを入れても認識されなくなった。
  • LANケーブルを入れても認識されなくなった。
  • その他各種ケーブルを入れても認識されなくなった。
  • 使用中に突然電源が落ちてしまう。

マザーボードの故障の原因

マザーボードの故障原因は、非常に多岐にわたります。不良となっているマザーボードの多くは、ノート型・デスクトップ型ともにコンデンサという、電流の安定化を行う部品が、破損している状況が、多く見受けられます。
また、排熱不良によるハンダの劣化、チップセットという制御用ICの不良が疑われることもあります。水濡れによる故障(雨漏りや、飲み物をこぼすなど)、落雷などによる過電流もマザーボードの故障原因のひとつです。
マザーボードの故障原因として、コンデンサの破損、チップセットの不良、水濡れによる故障があるということを説明している画像です。
.
※明らかに水に濡れて故障した場合は、パソコンの電源を入れないようにしてください。水に濡れた状態で通電すると、回路のショートによりマザーボードが焼けてしまうことがあります。

マザーボード交換交換料金

ノートパソコン 10.000円~(税別)

デスクトップパソコン 8,000円~(税別)