複数のアプリケーションを立ち上げるとパソコンの反応が鈍くなる、または停止する。 
ウィルス対策ソフトをインストールした後パソコンが遅くなった。
このような場合はパソコンに搭載されている物理メモリの容量不足が考えられます。
ウィンドウズ搭載パソコン、特にメーカー製パソコンの場合初期にインストールされているアプリケーションとウィンドウズが動作する必要最低レベルの容量しかメモリを搭載していない場合が多く見受けられます。
パソコンを購入した当初は、標準で搭載されているメモリでも十分動作しますが、お客様がさまざまなソフトをインストールすること、また、Windowsアップデートを繰り返すことで、メモリに常駐するソフトのメモリ使用量が増加します。

オフィスアトランダムでは、パソコンの起動が遅い、アプリケーションの動作が遅いというお客様にメモリの容量が足りているかどうか、診断を実施致します。お客様のパソコンがメモリ不足に陥っている場合、良心的な価格で、増設や交換を行い、パソコンを快適に動作するようサポート致しますので、お気軽にご相談ください。

パソコンの仮想メモリについて

メモリ不足に陥ったパソコンは、メモリの機能が完全に停止することを防止するために、ハードディスク上に、メモリの代わりになる保存エリアを作成します。 
これを仮想メモリと呼びますが、仮想メモリは、データを出し入れする速度が非常に遅いため、動作が異常に遅くなります。パソコンが固まる(フリーズ)大きな原因はこれにあたることが殆どです。
メモリを増設することによって、お使いのパソコンを快適にストレスなくお使いいただけます。

メモリ不足の症状

•パソコンがよくフリーズする。
•パソコンの起動が異常に遅い。
•パソコンを起動してから、アプリケーションの起動が異常に遅い。
•ウインドウ最小化する際や他のウインドウに切替える際、画面の表示が遅い。
•動画や音声が途切れる。
•シャットダウンが遅い。

メモリ故障の症状

•電源が入らない。 
•起動しない。
•起動せず、ビープ音が鳴り続ける。
•起動するが、使用中にブルースクリーンで停止してしまう。
•ブルースクリーンで示されるエラーの内容が毎回異なる。
•真っ黒な画面で白いカーソル・文字で止まる。
•リカバリーが正常に行われない。
•各種ドライバのインストールに失敗する。

メモリのトラブル 

•増設したメモリがパソコンに適合しない。
•増設したメモリが他のメモリと適合しない。
•メモリスロットに正しく挿入されていない。
•メモリスロットに埃が付着し、ショートしている。
•メモリスロットがハンダ割れ等により破損している。(修理困難)
•ノートパソコンで、誤った取り付けによりメモリスロットが破損している。
•ノートパソコンで、メモリの取り付けフックが片側しか掛からず、メモリが反っている  

メモリ交換料金

ノートパソコン 2,500円~(税別) 

デスクトップパソコン 2,500円~(税別)